ソフマップとブックオフがホビー買取で提携、ソフマップ店頭でのフィギュア買取などは終了に

 ブックオフコーポレーション株式会社と株式会社ソフマップは17日(木)、ソフマップの中古商品買取アプリ「ラクウル」の買取サービスを協業で開始したことを発表した。

 ブックオフコーポレーション株式会社と株式会社ソフマップは17日(木)、ソフマップの中古商品買取アプリ「ラクウル」の買取サービスを協業で開始したことを発表した。

ホビー領域の買取でソフマップとブックオフが提携、ソフマップ店頭での買取品目が変更に

 ラクウルはソフマップが2018年7月にリリースした買取アプリで、PCやカメラ、スマートフォンのほか、衣類/アウトドア用品/お酒/楽器/古美術品などの買取に対応している。
 今回の両社の提携では、フィギュア/プラモデル/ミニカー/鉄道模型/おもちゃ/DVD/レトロゲームなどの買い取りを開始するとしており、ラクウルの買取品目に「ミニカー、鉄道模型、おもちゃ」が追加される。

 買い取り品はブックオフで販売される見込みで、ブックオフでは店舗でのホビーアイテムの拡充に繋げるとしている。

 なお、提携に伴い、ソフマップ店頭ではゲームソフトおよびアニメブルーレイソフトを除く「映像ソフト/フィギュア/ホビー商品」の買取が終了となる。

ブックオフ店舗でソフマップ提供のサポートサービスを開始

 このほか、ラクウルと別にブックオフ店舗では、ソフマップの提供するサポートサービス「電話&リモート パソコン・タブレット版」の取り扱いも開始される。

 同サービスはPC/タブレット本体と対象周辺機器の操作方法などの基本的な使い方から、故障診断やお悩み相談などを電話やリモートで専門スタッフがサポートするというもの。ブックオフで販売しているPCやタブレットと一緒に購入できる仕組み。

元記事:https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1332443.html