Android 11搭載の10.5型タブレット「Galaxy Tab A8 LTE」が直輸入、WUXGA液晶採用で44,800円

 オクタコアCPUやWUXGA液晶ディスプレイ、Android 11を搭載したSamsungの10.5型タブレット「Galaxy Tab A8 LTE」が、イオシス アキバ中央通店に入荷した。同店が海外から直輸入したもので、製品型番は「SM-X205」。販売価格は44,800円
Galaxy Tab A8 LTE(SM-X205)

 オクタコアCPUやWUXGA液晶ディスプレイ、Android 11を搭載したSamsungの10.5型タブレット「Galaxy Tab A8 LTE」が、イオシス アキバ中央通店に入荷した。同店が海外から直輸入したもので、製品型番は「SM-X205」。販売価格は44,800円

中国UNISOC製のオクタコアCPUを搭載した10.5型SIMフリータブレット

 Galaxy Tab A8 LTEは、オクタコアCPUやWUXGA(1,920×1,200ドット)解像度のTFT液晶ディスプレイを搭載した10.5型の海外向けSIMロックフリータブレット。搭載メモリは4GB、ストレージ容量は64GB。

 販売店のイオシスによると、搭載CPUは中国UNISOC(紫光展鋭)製の「T618」で、動作クロックは2GHzになるという。そのほか、800万画素メインカメラ/500万画素フロントカメラを備えている。

 本体はLTE通信に対応し、対応するネットワークはLTEがバンド1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/28/38/40/41/66、3Gが1/2/4/5/8。なお、国内での利用の可否は不明。

 本体サイズは幅246.8×高さ161.9×奥行き6.9mm、重量は508g。バッテリー容量は7,040mAh。

[取材協力:イオシス アキバ中央通店]

元記事:https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1380753.html