窓辺の小石 第44回 Big Ben Strikes Again

古い映画やテレビドラマでコンピュータを扱うとき、奇妙な形の文字フォントが使われることがある。これは、Westminsterなどのコンピュータに関連する書体だ。ここでは仮に「コンピュータ書体」と呼ぶことにする。かつてはテクノロジーや未来的なイメージのために作られた書体だが、縦線の途中が膨らんでいるなど、普通の書体とちょっと違うところがある。

元記事:https://news.mynavi.jp/article/pebble_in_the_window-44/