丸みを帯びたデザインの光る120mmファンがIN WINから、カラーは2色

 アドレス指定型LEDを搭載したIN WINの120mmケースファンに新モデルが登場、ブラックカラーの「Sirius Extreme ASE120」とホワイトカラーの「Sirius Extreme Pure ASE120P」が発売された。
「Sirius Extreme ASE120」と「Sirius Extreme Pure ASE120P」

 アドレス指定型LEDを搭載したIN WINの120mmケースファンに新モデルが登場、ブラックカラーの「Sirius Extreme ASE120」とホワイトカラーの「Sirius Extreme Pure ASE120P」が発売された。

 ラインナップと価格は、単体モデルのブラック(FN-ASE120-1PK)が1,480円、ホワイト(FN-ASE120P-1PK)が1,680円、3個パックのブラック(FN-ASE120-3PK)が4,480円、ホワイト(FN-ASE120P-3PK)が5,080円。なお、3個パックにはLEDコントローラーがセットになっている。

丸みを帯びたデザインの120mmファン、両面のファンフレーム周りにアドレサブルRGB LEDを搭載

 これらは、両面のファンフレーム周りにアドレス指定型LEDを搭載した120mmサイズのケースファン。四角形(Square)と楕円形(oval)を組合せたという丸みを帯びた四角形「Squoval」デザインを採用している。

 LEDの発光色やパターンは各社対応マザーボードのほか、3個パックに同梱されているLEDコントローラーからも制御が可能となっている。

 ファンの主な仕様は共通で、回転数が400~1,500rpm(±10%)、風量が54CFM、動作音が最大25dBA。本体サイズは120×120×25mm。保証期間は2年。

[取材協力:パソコンショップ アークオリオスペック]

元記事:https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1371663.html