PS5対応ヒートシンク付きのSeagate製SSDに2TBモデルが追加

SeagateのPCI Express4.0(x4)接続に対応するNVMe M.2 SSD「FireCuda 530」シリーズから、大容量2TBのヒートシンク搭載モデル「ZP2000GM30023」が発売された。


 SeagateのPCI Express4.0(x4)接続に対応するNVMe M.2 SSD「FireCuda 530」シリーズから、大容量2TBのヒートシンク搭載モデル「ZP2000GM30023」が発売された。価格は5万2670円。ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

SeagateのNVMe M.2 SSD「FireCuda 530」シリーズに加わった大容量2TBのヒートシンク搭載モデル「ZP2000GM30023」

 コントローラーにPhison「PS5018-E18」、NANDフラッシュに3D TLCを採用するPCI Express 4.0インターフェース対応の最新モデル。ヒートシンクにアルマイト処理を施したEK Water Blocks製のヒートシンクを標準装備する製品で、このままPS5に搭載できる。

EK Water Blocks製のヒートシンクを標準装備する製品で、このままPS5に搭載できる

 おもなスペックは、シーケンシャルリード7300MB/sec、同ライト6900MB/sec、ランダムリード/ライト100万IOPS、書込耐性2550TBW、製品保証は5年間となっている。

【関連サイト】

元記事:https://ascii.jp/elem/000/004/072/4072232/?rss