4K/120Hz対応の43インチゲーミングモニター「AORUS FV43U」が発売、店頭展示もスタート

 HDMI 2.1端子を装備したGIGABYTEの43インチディスプレイ「AORUS FV43U」が発売された。家庭用ゲーム機の4K 120Hz出力に対応するほか、手元で入力切り替えなどができるリモコンも付属する。店頭価格は178,200円。ツクモeX.パソコン館ではサンプル展示が始まっている。
GIGABYTE「AORUS FV43U」

 HDMI 2.1端子を装備したGIGABYTEの43インチディスプレイ「AORUS FV43U」が発売された。家庭用ゲーム機の4K 120Hz出力に対応するほか、手元で入力切り替えなどができるリモコンも付属する。店頭価格は178,200円。ツクモeX.パソコン館ではサンプル展示が始まっている。

家庭用ゲーム機の4K 120Hz出力に対応する43インチゲーミングモニター

 AORUS FV43Uはアンチグレアタイプの43インチVAパネル(3,840×2,160ドット)を搭載したゲーム向けのディスプレイ。

 青色LEDの上に量子ドットを重ねるというバックライト技術を採用し、DCI-P3カバー率97%、Adobe RGBカバー率99%の広色域や、ピーク時1,000cd/平方メートル(DisplayHDR 1000準拠)の高輝度を実現したという。

 家庭用ゲーム機のハイリフレッシュレート表示に対応しているのも特徴。HDMI 2.1端子を装備し、PlayStation 5、Xbox Series X/Sの4K 120Hz出力をサポートしている。

 映像端子はHDMI 2.1×2、DisplayPort 1.4×1、USB Type-C×1。対応リフレッシュレートは最高144Hzで、Adaptive-Syncもサポートする。

 ほかにも、複数の入力映像を一度に表示するPiP/PbP機能、ディスプレイ・キーボード・マウスを2台のPCで切り替えて使用できるようにするKVM機能が搭載。入力の切り替えや音量調節、機能設定などが行なえるリモコンも同梱されている。

 上記以外のパネルのスペックは、表示色数10bit(8bit+FRC)、画素ピッチ0.2451mm、コントラスト比4,000:1、視野角178度(水平/垂直)、応答時間1ms(MPRT)。

 寸法は幅967.2×高さ638.16×奥行き251.31mm。重量は10kg。ステレオスピーカー(12W×2)やイヤホンジャックも装備する。また、VESA規格のネジ穴(200×200mm)を装備しており、壁掛けなどが可能。

 付属品はリモコン、電源ケーブル、HDMIケーブル、DisplayPortケーブル、USBケーブルなど。

[取材協力:ツクモeX.パソコン館ツクモパソコン本店II]

元記事:https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1332642.html