GeForce RTX 3070 Tiがデビュー、最安モデルは89,800円

 GeForce RTX 3000シリーズの新モデル「GeForce RTX 3070 Ti」を搭載したビデオカードが登場。10日(木)22時の販売解禁時点で、各店にはASUS、Gainward、GIGABYTE、Inno3D、MSI、Palit、ZOTAC、玄人志向の製品(計15モデル)が入荷している。
(6/10 22:25更新)夜間販売の様子を追加
写真はPalit「NED307TT19P2-1047G」(価格105,000円)

 GeForce RTX 3000シリーズの新モデル「GeForce RTX 3070 Ti」を搭載したビデオカードが登場。10日(木)22時の販売解禁時点で、各店にはASUS、Gainward、GIGABYTE、Inno3D、MSI、Palit、ZOTAC、玄人志向の製品(計15モデル)が入荷している。

 各社ともオリジナルクーラーを搭載したモデルで、店頭価格は89,800~136,480円。大半のモデルは11万~13万円台だが、ASUS、Palit、ZOTACの一部モデルは9万円前後と、価格が上昇しているGeForce RTX 3070よりも安価だ。最安モデルはPalitの「NED307T019P2-1046A」で、価格は89,800円。

GeForce RTX 3070の上位モデル、GDDR6X 8GBメモリを搭載

 GeForce RTX 3070 Tiは第2世代RTXアーキテクチャ「Ampere」を採用したGPU。GeForce RTX 30シリーズのラインナップにRTX 3080 Tiとともに追加されたモデルで、同シリーズでの位置付けはRTX 3090(最上位)、RTX 3080 Ti、RTX 3080に続くものとなる。

GeForce RTX 3070 Ti
各社モデルの価格

 ワンランク下のRTX 3070とスペックを比較すると、CUDAコア数、クロックが向上したほか、搭載メモリがGDDR6からGDDR6Xへと強化されており、RTXモードをONにした「CONTROL」「Minecraft」といったゲームタイトルでは1.5倍程度のパフォーマンス向上があるという。

写真はPalit「NED307TT19P2-1047G」(価格105,000円)

 ただし、カード電力(ファウンダーズエディション)もRTX 3070の220Wから290Wへと増加。PCの電源に要求されるスペックも容量750W、補助電源コネクタ8ピン×2に増え、上位モデルのRTX 3080に近いものになっている。特に、既存のPCでRTX 3070 Ti搭載カードにアップグレードする場合は、電源のスペック不足に要注意だ。

 主なスペックは、CUDAコア数6,144、ベースクロック1.58GHz、ブーストクロック1.77GHz、メモリ容量8GB(GDDR6Xメモリ、256ビット)。NVLink(SLI)は非対応。

一部ショップは恒例の夜間販売を実施、大半のショップは翌日から販売

 10日(木)22時の販売解禁にあわせて、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は新型GPU発売時恒例の夜間販売を実施。当日17時頃の時点で45名前後の人が店頭に列を作り、発売解禁の22時には関係者を含め50名前後の人が集まった。

夜間販売の告知
販売価格(税抜きを大きく表示)

 なお、大半のショップは11日(金)開店時から販売予定。

【「GeForce RTX 3070 Ti」最速実動テスト!RTX 3080にどこまで迫る?新旧6GPUをゲーム7本で一斉ベンチ【RTX 3090/3080 Ti/3080/3070/2070S】】

[取材協力:ドスパラ秋葉原本店パソコン工房 秋葉原BUYMORE店ツクモパソコン本店ツクモeX.パソコン館パソコンショップ アークオリオスペックソフマップAKIBA パソコン・デジタル館]

元記事:https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1330672.html